肝臓がんの治療方法|病気の進行を抑える!

肝臓の癌を治す方法

家族

外科手術が基本になる

肝臓がんは、基本的に外科手術が取られます。肝臓だけに限らず、多くの癌治療では腫瘍を完全に取り除くことが大切になります。腫瘍が残っているとそこからまた癌細胞が新たに発生したり増殖する可能性があり、再発するリスクが高くなるからです。特に、肝臓は人の生命を左右するほど臓器の中でも特に重要な役割を担っています。そして、肝臓は再生能力がとても高く大部分を切除しても再生が可能な場合が多いとされています。そのため、肝臓がんの治療としては外科手術が行われることがほとんどとなっています。それ以外の肝臓がんの治療は、局所療法や肝動脈塞栓術、化学療法や放射線治療、肝移植などがありその病状に合わせた治療法が選ばれます。

肝臓の状態で治療が決まる

肝臓がんの治療は、肝臓の状態によって決まると言えます。肝臓がんになる場合は、肝臓がんの他に慢性的な肝炎や肝硬変などが同時に起きていることが多く合併症として腹水が溜まることなどもあります。こういった症状があると、切除できる範囲が狭く完全に腫瘍を取り除くことが出来ないことがあります。肝機能に障害がほとんどない場合は、大きく切除して根治治療も可能となりますが肝臓の状態によって左右されます。その他にも、患者の年齢や体力、他の病気などによってもまた治療法は変わります。早い段階で病気を見つけて治療を行うためにも、肝臓がんの元になると言われる肝炎ウイルスの検査は受けるようにして内科を受診する必要があります。

いわゆる脱腸の治療法

2人の医者

鼠径ヘルニアは脱腸とも呼ばれ、太ももの付け根付近に腸や腹膜の一部がはみ出した状態です。放置してヘルニア嵌頓を起こすと命に関わることもありますので、そうなる前に治療する必要があります。鼠径ヘルニアの治療には手術を要しますが、現在では人口補強材を使って穴を塞ぐ方法により日帰り手術も可能です。

もっと見る

早期発見が重要

病院

すい臓がんは早期発見がしにくく自覚症状が発症すると手遅れになるケースが一般的です。生活習慣の改善や定期的な診断で予防や早期発見に努める必要があります。遺伝性も指摘されているので心臓にすい臓がんや慢性膵炎の経歴がある場合には特に注意が必要です。

もっと見る

人気の病院と特徴

シニア女性

重症化する病気に対してはそれぞれの病院が日夜研究を進めています。食道がんでは様々な手術が開発されていて、高度な技術の手術や名医が居る病院は人気があります。食道がんは進行度が速く、転移する確率もとても高いのが特徴です。

もっと見る