肝臓がんの治療方法とは|状態で治療が決まる

人気の病院と特徴

シニア女性

日本ではそれぞれの病院が、より良い治療法を開発しようと、日々研究が進められています。特に命の危険にかかわる重篤な病気の場合、その病気の研究に特に力を入れ、独自の治療法を開発している病院もあります。そういった病院は全国から治療を受けるために患者が集まる人気の病院になります。食道がんは従来は肋骨を切除するようなとても体に負担がかかる手術でした。長年の研究の結果、近年身体の負担にならないような手術法が開発されています。しかし、その手術法はいずれも高い技術を必要とします。とある人気の病院ではその難しい手術の一つである腹腔鏡手術に長けた技術を持っている医師が在籍していて、一切腹部を切開せずに手術することが可能で、その結果、患者の負担がとても少なくなっています。

私たちが食べ物を飲み込んだ時に初めに通過する臓器が食道ですが、その食道の位置ががん細胞化してしまうのが食道がんです。食道がんは40代以上の高齢の男性に多いのが特徴です。また、食道がんはほかのがんに比べてとても進行が早く、急速に症状が悪化していくのも大きな特徴です。そのため、がんの中でも悪性度が高くて、予後が悪いとされていたのですが、近年では治療技術も進んできて、予後はかなり以前に比べると良くなってきています。また、食道がんは食堂という臓器の性質上、とても他の臓器に転移しやすいのも大きな特徴です。特に食道の周辺にはリンパ節が多くあり、リンパの流れに乗ってお腹や首に転移するケースがとても多いです。