肝臓がんの治療方法とは|状態で治療が決まる

早期発見が重要

病院

定期的な検診の受診

すい臓がんは発見した時には手遅れとなっている場合の多いがんの一つです。すい臓がんの初期には自覚症状のないことが多いので、症状が発症して診察を受けた時には悪化しているケースが多くなっています。しかしながら早期発見をすることによって治療方法が開発されておりますので定期的に健診を受診することが重要です。すい臓がんの検査としては血液検査や腫瘍マーカーのケースが一般的ですが、親族にすい臓がんの経歴がある場合には初めから超音波エコーを受診する人が増加しています。最近は画像が解像度の向上によって従来よりの発見の確度が高くなっていますので信頼性が向上しています。しかしながら最終的にはCT検査やMRCP検査が行われます。

原因の排除が重要

現在でもすい臓がんは死亡率の高いがんとなっていますので、すい臓がんにならないようにすることが重要です。原因としては生活習慣やすい臓の病気、遺伝的な原因が考えられています。生活習慣ではタバコや肥満、お酒の飲み過ぎが指摘されています。特に喫煙は大きな要因となっており、糖尿病も関係が深くなっています。慢性膵炎からすい臓がんに進行することが散見されているために慢性膵炎の治療は必要です。親族にすい臓がんや膵炎を発症したケースがある場合には遺伝的にすい臓がんに罹りやすいことが判明していますので特に定期的な検診の受診が必要です。食生活の改善や適度な運動は生活習慣の改善に繋がりすい臓がんに罹病する確率を下げる効果があります。